OUTDOOR CAMP HIKING

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の新緑の中、ゆるりと山に行っておきたかったのでSOLOで繰り出してみた。

八ヶ岳も候補に入れていたのですが、雪があるのも嫌だったので、甲武信ヶ岳〜雁坂峠辺りに行ってみようと、奥秩父行く事に。

道の駅みとみに車止めて、雁坂峠方面から登り始めるイメージだったのですが、車で通過しながら、登り口確認したのですが、なんせ初めてなんて場所が分かり辛く、間違えても大変なんで甲武信方面から登る事に変更。

コブシ4

有名な徳ちゃん新道から甲武信めざします。

コブシ8

朝早い時間だった為に、他のハイカーもいないし、のんびりと写真なんか撮りながら登ります。
そしてこの頃気が付いたのですが、甲武信ヶ岳までって、高低差1400近くある事を…
だから、当初は雁坂峠に登り、徳ちゃん新道は下りにしようと…

でも今更そんな事考えても仕方無いから先に進みます。
コブシ6

自分だって山の花位知ってるもん!って言いたいところですが、山と高原地図に『シャクナゲ』って書いてあるから知ったシャクナゲのトンネルくぐり。

戸渡尾根に入った辺りで、大量の毛が落ちていたんで、何かヤられたのかな?と思いながら、先を急いで数m登ってから振り返るとシカさんの屍w 土と同化して気がつきませんでした。


戸渡尾根分岐近くから残雪があり、そこから木賊山、甲武信小屋までの下りにも残雪。
※因みのこの辺りかなりヘバッているんで写真ありませんw


20140603233512209.jpg

甲武信ヶ岳ピークには興味無かったけど、小屋は見ておきたかったし、テン場がどんなかんじかも確認しておきたかった。
とりあえず小休止して、コーラ購入し、エネルギーチャージ。

小屋で雁坂峠までの巻き道トレースあるか確認するも、残雪でトレースも無いし、踏み抜いて大変だからやめた方が良いと言われたので、木賊山のまで登る事に…。

ホントに勿体無い体力。


201406040846224c1.jpg
コブシ1

破風山避難小屋を見学し、最悪ココで寝て良いかもって思ってたんですが、避難小屋には一人おじさんが昼寝してて、このおじさんと二人っきりも嫌だし、まだまだ明るいから先を急ぐ事に。

しかし、破風山までの急坂の登りがキツい!

富士山が随所随所で見れるので、テンション上がるのですか、ただこの日は暑かった。
東破風山越え、雁坂嶺過ぎた辺りから、流石に疲れてきて早く着かないかなと。


コブシ5

なんとか雁坂峠が見えてきた時は夕方の16時は過ぎていたのでは。朝7時位から歩き初めたので、9時間行動…休憩しまくってたとはいえ、久々に歩いた感満載。

そこから雁坂小屋に行き、テント設営し、飯食って、ボーとして、夕寝して、また少し飯食って、暗くなったので寝た。因みに雁坂小屋のテン場には自分以外に7張り位ですかね?ルナソロ張ってる方がいらっしゃいましたが、当然話掛ける事出来ずw


翌朝、4時過ぎには目が覚めて、朝焼けが見れるの楽しみにしていましたが、見れず。
朝粥食べて、テント撤収し雁坂峠で富士山でも拝むかと、頑張って歩き始めましたが、

コブシ2
富士山見れ無かったの図

二日目は水晶山、古礼山の雁峠から林道下るつもりでしたが、前日張り切り過ぎて疲れたのと、あと、歩く事に飽きたので、雁坂峠から直接下る事に。

コブシ3

この稜線歩くと水晶山かと、多少未練もありましたが、ガンガン下ります。
でも、この下りはずっと水の音を聞きながら歩けて気持ちよかった。

コブシ7

夏に沢登りとかやったら気持ち良いんだろうなと、妄想しながら新緑と、水の音聞きながら下山。

初日頑張り過ぎましたが、久々のSOLO堪能しました。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 91 OUTDOORLIFE, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。