OUTDOOR CAMP HIKING

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉を見ながらhikingしたいと思い谷川岳に。
そして二年前の忘れもの、そう、馬蹄形をやる事を目的に。


しかし当日は台風によって前線が刺激され雨予報。
谷川岳ロープウェイ到着時はガスがあり、霧雨も舞う感じだったのですが、とりあえず天神平まで上がってみる事に。


上がってみたら、ガスも切れ晴れ間も見え始めたので、肩の小屋まで登って見て行けそうな先に進み、駄目なら下山してどこか幕張れるとこでまったりすればいいやと。

そして相変わらず谷川岳は日帰り登山を楽しまれる方も多いので、いたるところで渋滞発生。

IMG_5802.jpg

いい天気。
万太郎の稜線が綺麗。いつかは歩いてみたいコースではあるが、テン場がないので幕張るの禁止されてるコース。

オキ、トマの両耳にたくさんの記念撮影してる人達を横目にさっさと巻いて先を急ぎます。

IMG_5800.jpg


ここからが谷川連峰hikingの醍醐味。人も極端にいなくなり、自分達のペースで歩ける気持ちの良い登山道が続きます。
一ノ倉、茂倉と多少のアップダウンを繰り返しながら進みます。
茂倉辺りまでは天気も良くて、紅葉し始めてる山を満喫していました。

IMG_5797.jpg


しかしながら茂倉過ぎて武能岳に向かう頃からガスってきて、そこから天気が回復する気配無し。
濃いガスに飲み込まれながらも、要所要所でガスが抜ける度に歓声を上げながらの山行。

IMG_5799.jpg


最終のピークを登りきり、今日の目的の蓬ヒュッテまでは下るだけ。でもやっぱりガスで目的地も見えず、雨も本気で降り始める。

蓬ヒュッテに到着後は、水場まで10分ばかり歩いて汲みにいき、雨も止まないので各自テントの中で晩御飯を食べる。自分はこの時久々のハイキングに疲れたのでシュラフに入りゆっくり休む事に。
ここはauも、SoftBankも電波が届いているので、一緒にきたメンバーとSNSを使って明日6時には下山する事を決定する。やはり、今回も馬蹄形出来なくなった瞬間。残念ではあるが、昼過ぎから明日の馬蹄形は無理だと自分の中で決めていた。

その後Coffee飲んだら気分も落ち着いて、眠くなってきて速攻で寝落ち。まだ時間は18時台だったと思う。
次目が覚めた時は23時ごろで、外はかなりの強風が吹いていて、一度外に出てガイラインを貼り直し、ペグも挿し直したら、バタつきも収まった。
IMG_5801.jpg

朝。

風強し。小雨。

4時半位に目が覚め、珈琲飲んで無理くり体を起こし片付けを始める。
朝陽が見えてる事を期待していたが、昨晩に引き続きガスっててそんな甘い期待も木っ端微塵に。
って言うより、台風の影響か益々悪化する予報。

蓬ヒュッテから湯檜曽川方面へ下るコース。
途中一緒に行ったメンバーが熊に遭遇したらしい。等間隔で先を歩いていた自分は見ていないが、自分ならびっくりして、冷静な行動出来ていないだろうな。

暫くはどこからか熊が出てくるのか分からないのでドキドキしながら歩く。

最終の一ノ倉沢は水で溢れていた。
上を見上げてもガスっていて紅葉している感じも見えない。

IMG_5796.jpg

この辺りまで来たら後は並行移動なので、傘をさしながら歩く。

結局2日目はずっと雨だったし、紅葉もあまり楽しめなかったけど、一緒にいたメンバーと楽しいハイキングだったと、塩っぱい谷川岳ロープウェイ食堂の山菜蕎麦を食べながら語り合うw
スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 91 OUTDOORLIFE, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。