OUTDOOR CAMP HIKING

9月一発目の三連休はハイキング&キャンプを実施し、
ヌルヌル、だらだらと贅沢な休日を過ごしましたが、

二発目の三連休は特に予定も入れておらず、さてどうするかと思っていたので、知り合いの方々にちょいと日帰りハイキング出来る近場を教えて頂き、且つ中日の土曜ならと、奥様のお許し(笑)も得たので行ってきましたよ。


当日はSOLOでもいいかと思ってたんすが、ご近所さんから連絡があり、三人で向かう事となりました。え~~勿論野郎です(笑)

うちの子犬に乗り込み出発。
表丹沢県民の森駐車場は既にいっぱいで、路肩に慎重且つ安全に駐車しスタートっす。

鍋割山 001_R

本当なら・・・二俣方面から鍋割山に直接向かうはずだったんですが、心に余裕がある大人三人なので、敢えて、敢えての巻き、巻きで。
※櫟山に行って見たかったんすよ・・スタートしてすぐに道間違えた訳じゃ絶対ないですよ・・・

鍋割山 011_R

日が差すと暑い中まずは、第一目的の櫟山に到着し、ちょっと休憩。
途中山ガール三人組とすれ違ったな~~(遠い目)


そしてここからは本来?の目的地鍋割山へ!!

しかし・・ハイキング一年生の私が思う事。
『せっかく登ったのに、下りとかあるの?もったいない・・』

鍋割山 018_R


つれて来て下さった方にずっと、『あ~~登ったのに勿体ない、あ~~勿体ない』を連呼してました(笑)
本当にうざかったと思います。その時はスイマセンでした。


そしてこの頃からの自分の掛け声も、
『ガール、うどん、ガール、うどん、ガール、うどん』

そうです鍋割山の名物鍋焼きうどんを食べる事が目的なハイキングなのです。
もちろん!!山ガールも!!

そして到着!!鍋割山

鍋割山 032_R

50473de284224f9f8a03c3bd13a75ecb_7.jpg


早速注文して食いました。旨かったな~~。普通な感じです(笑)

鍋割山 031_R

それから暫くまったりして、コーヒー飲んで、次の目的地塔の岳へ!!
因みに山ガールがいっぱいいたな~~~(遠い目)


お腹もいっぱいになり、元気モリモリなんですけど、やはりかなり足にキテます・・。

脹脛は平気なんすが、太腿が・・・。運動不足露呈。

一緒に行ってる方にペース落として貰ったり、後ろかなり気にしてもらいながら、ゆっくりゆっくり登ります。
途中ガールとすれ違っても、心と身体に余裕が無い自分はこのあたりじゃノーリアクションwww

鍋割山 045_R

なんとかなんとか山頂!!

達成感に浸りながら、山頂を暫し満喫します。
ここにグループでいた山ガール可愛かったな~~~~~(遠い目)

鍋割山 046_R

小屋のおじさんが5時過ぎると暗くなるから、早めに下ってね~~てみんなに言って廻ってたので、そろそろ退散。

帰りは違うコース。

鍋割山 053_R


いわゆるバカ尾根を一気に下ります。眼下に景色一望出来て気持ちいいんですが、この長い下りも足にくる・・。
途中登ってきたカッポーの女の子が可愛かった~~(遠い目)


堀山の家?でまたまた垂直に下ります。
道らしき?木々の間を足をガクガクさせながら下っていきます。
かなりアドベンチャーコース(笑)

鍋割山 059_R

途中ちょっとした川を横切り。(辿り着いた時は、路頭に迷ったと思ったが、落ち着いて川の反対側にコース発見)


そこから暫くしてゴールです。

かなり足にはきましたが、楽しいかったです!!
ご一緒してくれたお二人ありがとうございます!!!

また行きましょう!


スタートしてすぐのコースが分からず直線(笑)

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 91 OUTDOORLIFE, All rights reserved.
まとめ