OUTDOOR CAMP HIKING

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事にもアウトドアテイスト(笑)以前キャンプを始める前から、冬になるとアウトドアを意識してたんだなぁ~って気付いた自分。

どうしてもスーツで出勤するとなるとアウターどうしようかなぁって考えますよね!
モンクレーのダウンだとカジュアル過ぎるし、それにジャケットの裾が少し出ちゃって、かっこ悪い・・。

それなり丈が長くないと厳しいっす。
woolのロングコートをバリッと着こなす程ジェントルマンではないし(笑)
じゃあハーフサイズ位が『ちょうどいいぜ』ってちと昔から着ているのがコレ。

Barbour
バブア 004

いわゆるオイルびきの代表的なコートです。
なんたってオイルびきだから、雨や雪を弾きます!それに使っていくうちにいい感じに『味』が出てきます。
でも購入して一度もオイル塗り直してないけど(笑)テントもそうですけどメンテナンスサボると長持ちしないのにねぇ~。
でもでも見て見て!この油ギッシュな感じ(笑)さんまを焼いた時の皮のような感じ~。

バブア 003



裏地には英国的なトラッドなチェック!!英国紳士を気取れます(笑)

バブア 002


ちょっとうんちく。
バブアーは、「英国王室御用達」の証である、ロイヤルワラントを3つも獲得した、由緒ある名門ブランド。1894年、ジョン・バーブアーによりイングランド、サウス・シールズに設立されたバブアーは、100年以上経った現在でもイギリスをはじめ世界中の、ファーマー、船員、オートバイライダー、軍人など厳しい天候や土地に臨み衣服に最高の保護、機能性を求めるあらゆる人達に愛用されています。

生地には最高級のエジプト綿とソーンプルーフドレッシングの組み合わせで、防水性と通気性を両立させており、化学繊維では決して真似できない、アウトドアでの激しい使用に対応した機能性と、何世紀にも亘って英国のアウトドアーズマンに試されてきた高い耐久性を兼ね備えています。
他のほとんどの防水加工を施した衣類と、ソーンプルーフジャケットとの違いは、通気性が良く、ジャケット内の発汗などで生じる水分を外に逃がすことです。詳しくは→Barbour



しかし要注意点もいくつか。
①匂い:MOSS臭までとは言いませんが、OIL独特の匂いがします。満員電車だとちょっと匂いがこもっちゃうので周りの人達に気をつける必要あり。
因みに写真撮影の為に久々にクローゼットから出したんですが、やっぱりちょと匂う(笑)なのでクローゼットの中での収納も他の洋服と一緒にしないように。

②表面のベトツキ:とうぜんOILなのでちょっとべたつきます。なので冬だからポケットに両手を入れたいからってショルダーBAGを使うとBAGの裏面に多少OIL染みみたいになっちゃいます。自分もフェリージショルダーをやっちゃいました。

③重さは暖かさと対局かもしれませんが、サラっと着る感じではありません。勿論メルトンのPコートほどではありませんが(笑)

以上3点を注意すれば後はノープロブレム!!

自分もBarbourを着てOUTDOORから一歩進み、
『狩り』とか『乗馬』なんて始めちゃいますかね~~(笑)ハイヨ~~~~~シルバ~~~~~(笑)

ランキングに参加しちゃってます(笑)みなさ~ん↓下の(人気ブログランキングへ)部分をクリックして頂けるとランキングUPになっちゃいます(笑)ワンクリックお願いしま~す(笑)人気ブログランキングへ

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 91 OUTDOORLIFE, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。