OUTDOOR CAMP HIKING

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は『アンドゥ北岳に登る』ネタにたくさんのコメントありがとうございます。

自分もネタにしながらちょっと考えてしまいました・・。自然の脅威・・・。
でもヤマノボラーの方は今後も大自然に挑んで頂きたいと思います。そして自分もいつかは【富士山】には登ってみたいものです。いつになるか分かりませんが。



さて!
真面目なネタはアンドゥに任せて、自分は自分の道へ進みます!!役割分担がありますから。



今日はコレ!
BYER①
BYERフォールディングキャンプテーブル

あれ?
これって前にネタになっていたBYERテーブルじゃん!!!って思った貴方!

『ノンノ~~~~~~~~~ン』

よ~~~~~~~~く見て下さいね!何かが微妙に違う事に気付きませんか?
『カラーが微妙に違うって?』

『ノンノ~~~~~~~~~ン』

ちょっと陽にやけているだけなので、カラーの違いじゃないんです。

正解は?
BYER③

サイズが違うんですね!
写真手前が(小)、写真奥が今回の(大)
このサイズ感のものがあったんですね。自分も知らなかったんです・・・。
BYERのフォールディングキャンプテーブルってこいつとコイツだけだと思っていたら、一回り大きいフォールディングテーブルもあったんですね。

因みにサイズの違いを比べてみると、
(小)40×40×42cm
今回の(大)で約51cmx51cmx高さ56cm

(小)はメインラウンジャーなどの焚き火タイムの時なんかのロースタイル時に使うのがgood。(大)はガダバウトに座るときに、サイドテーブル使いがベストっす。キャンプ時もメインダイニングのラレマンドのテーブルでご飯を食べながらの、BYERテーブル(大)に酒など飲み物置きに使うって感じ(笑)

(大)は高さが丁度ガダバウトと合うんだよな~~~。

BYER②

ほんのちょこっとうんちく
BYERフォールディングキャンプテーブル

北国メイン州産ハードウッドで作られたスラットが特徴のキャンプテーブルです。
脚を折りたたむと全体がフラットになりますので、持ち運び、収納に便利で車のトランクに入れておけばいつでも使えます。

キャンプギアが益々増えていく今日この頃、そろそろ車のトランクが限界になってきてます。しかし折り畳めれば、コンパクトに収納できるし。トランクに収める容量が少なく出来るので、まだまだギアを購入出来るってわけです(笑)

でも本当に真面目な話、そろそろうちの子犬だとトランクの限界が近づいてます・・。このままだと本気で車変えなきゃいけないかも(汗)

しかしこれ位のサイズのテーブルは持っていて損はしないので、まだお持ちで無い方は是非・是非購入されたし!!!!

って自分も持っていない(笑)

ランキングに参加しちゃってます(笑)みなさ~ん↓下の(人気ブログランキングへ)部分をクリックして頂けるとランキングUPになっちゃいます(笑)ポチっとお願いしま~す(笑)
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 91 OUTDOORLIFE, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。